MacBook Pro 13.3 Early 2015 で Bootcamp 6 にて Windows 10 を運用していますが、内蔵のSDカードが消えてしまっていることに気づきました。抜き差ししても全く認識しません。Windows から OS X に切り替えて再起動しても SDカードが出てこないので「ハードウェアの故障かな」とブルーな気持ちになりました。Macの「システム情報」を確認してみるとSDカードをハードとして認識していません。「これは修理だな」と覚悟をしましたが、念のためシャットダウンして起動しなおしたところSDカードが現れました。その状態で Windows に切り替えて再起動してみると Windows のほうでもSDカードを認識しました。一時的なものかと思いいしばらく使っていると、いつの間にかSDカードがまた消えているんです。色々と試しているうちにWindows でサスペンドするとSDカードが消えてしまい戻ってこなくなることがわかりました。サスペンドするとハードウェアごと見失ってしまって、デバイスマネージャーで再検索しても見つかりません。

 解決策はないかと Google 先生にお尋ねしたところ、私だけではなく世界中で皆さん悩んでいるようです。本家 Apple Support Communities でも話題になっていました。そんな中、日本に運用で解決しておられる方がいらっしゃいました。

のびっこ日記 - MacBookPro Mid 2014のBootcampでSDカードが認識しなくなるのを何とかする

対応のキモは、スリープの代わりにハイバネーション(休止状態)を使うことです。蓋を閉めると「休止状態」になるので、復帰するには電源ボタンを押してしばらく待たされることになります。でもSDカードを見失ってしまうよりはマシ。

 Apple はこの問題を長い間放置しているようです。不便なのでなんとか解決して欲しいですね。